2014年01月02日

ロベスピエールの顔を3D技術で復元



フランス革命期の政治家、Maximilien François Marie Isidore de Robespierre
マクシミリアン・フランソワ・マリー・イジドール・ド・ロベスピエール
(1758年〜1794年)は正義(徳)のための政治を旨とし「清廉の人」と呼ばれた。
実際弁護士時代はルイ16世の死刑を廃止する嘆願書を提出していた。
だが権力を掌握すると、ロベスピエールは恐怖政治を行い多くの人々がギロチン
で処刑された。

ロベスピエールの顔を復元したのは、法医学者のフィリップ・シャルリエ氏と
フィリップ・フローシュ氏を中心としたグループ。その元となったのは蝋人形師の
マダム・タッソーが作成したロベスピエールのデスマスクと残された複数の診断書
だ。しかし、遺体は直ちに処分されたとみられており、デスマスクが本人のもの
だったかという疑問も残る。

3D技術で復元された顔はあばただらけで、これまで描かれていた肖像画のイメージ
とはまったく異なっている。はたしてどちらが、実像に近いのか。論争はまだ
続きそうだ。



posted by blanchefleur at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | France | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

フランスで高額報酬への75%企業課税へ



フランスでは増税が相次ぎ、国民の不満が高まっている。

今年の秋、フランス人の友人たちが嘆いていたのは

不動産税。市役所からとどいた通知が昨年と比較して

べらぼうに高く、仕事を休んで確認に行ったという。

すると「間違いありません」との答え。「ひどいと思う」

というのが国民の声。


憲法会議(Constitutional Council)は29日、年収100万ユーロ

(約1億4400万円)を超える高額報酬に対して75%の税金を企業

に課す提案を承認した。

だが企業に75%の税金をかけるとなれば企業は国外へ拠点を移す

可能性も高くなるだろう。この課税、経営者にとっては頭が痛い

お年玉になりそうだ。

ラベル:増税 フランス
posted by blanchefleur at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | France | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月26日

ブルターニュをはじめフランス各地、欧州に被害をもたらした冬の嵐



日本では台風シーズンは夏から秋にかけてだが、欧州では冬に

暴風雨が激しくなる。写真で紹介されているCancale カンカルは

ブルターニュ北部にあり、生牡蠣で有名。写真のようにレストランが

軒を並べている。



この嵐でブルターニュではMorlaix モルレー、Chateaulin シャトーラン、

Quimperlé カンペルレの洪水被害が大きかった。

ノルマンディーやロワール地方などでも停電が相次ぎ、ろうそくの灯りで

クリスマスイブを迎えた家庭も多かったようだ。

La tempête ≪Dirk≫ a fait cinq morts en Europe

posted by blanchefleur at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Bretagne | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。